府中市の待機児童

府中市の待機児童数は、以下のとおりで推移しています。
平成21年度をピークに減少傾向にありましたが、今年度は過去最高数となりました。

府中市待機児童数


今後の対策について

待機児童推移

待機児童の分布は、
東側の
第1区域(多磨町、朝日町、紅葉丘、白糸台1~3丁目、若松町、浅間町、緑町)、
第2区域(白糸台4~6丁目、押立町、小柳町、八幡町、清水ヶ丘、是政)および、
西側の
第6区域(美好町3丁目、分梅町、住吉町、四谷、日新町、本宿町1~2丁目、西府町1~2・5丁目)に多い状況です。

※府中市内を6つのエリアに分けています。

エリアごとに施設を整備し、平成29年度までには全市的に待機児童の解消が図れるよう準備をしています。

直近では、今年度(平成27年度)、新たに認可保育所を3施設合計300名の定員拡充を図る計画です。


平成28年度についてはこちら

紹介

府中市議会議員