6月, 2015年

議会報告(一般質問)

2015-06-12

 

当選後、はじめての市議会定例会が始まりました。定例会
期間は6月5日~6月22日の18日間です。

そのうち、2日間は一般質問です。
今回の定例会では、30人中24人が質問を行い、私は6番目。

6月8日に人生初めての一般質問を行いました。


一般質問って何?
◆議員個人が、市の行政・財政全般や市民生活に密接に係わる事項について、市長に報告を求めたり問い質すことで市政運営をチェックする方法の一つです。
◆一般質問をするかどうか、府中市では議員それぞれの裁量です。
◆質問内容は、その時の定例会の議題とされている問題とは関係なく、自分で考えて決めることができます。
◆質問の順番は「通告書」の提出順で決まります。
◆質問時間は、答弁も含めて、1人60分までです。(60分経過すると、「ブーッ」とブザーが鳴ります!)
※質問時間やルールは各自治体によって異なります※


増山あすか の「通告書」 -地域包括ケアシステムの構築-

近年、少子高齢化が言われて久しくなり、65歳以上であるいわゆる団塊の世代が、あと10年後には、75歳以上になります。医療や介護スタッフの不足等から、必要とする人が必要とする期間、入院やサービスを受けることが困難となることが予測されています。

また、核家族化の進展に伴い、現在でも一人暮らし高齢者やいわゆる老老介護の世帯、孤立高齢者、そして、認知症や要援護高齢者の急増が社会問題となっています。

本市が毎年実施している市制世論調査におきましては、この10年間、高齢者福祉対策が市民要望の第一位となっております。このことから、住民の多くが、将来に漠然とした不安を感じているということが推察されます。

国は、近年、「施設から住宅へ」という考え方を鮮明に打ち出しています。そこで、高齢者が住みなれた地域で、安心して、その時点における能力に応じて自立した日常生活を営むことができるよう、住民一人を基点として、行政・医療・介護等が連携して支援を行う「地域包括ケアシステム」の構築が求められています。

この構築は、各自治体が主体となり実施することとなっておりますので、本市の状況について伺います。

 

答弁を終えて・・

平成37年度の府中市の高齢化率は23.1%と予測
高齢化率が21%を超えると、WHOや国連の定義では、超高齢化社会に分類され、高齢者のみ世帯の増加介護を担う人材不足世代間地域内交流機会の希薄化など、多くの課題が生じます。この課題を克服するためにも「地域包括ケアシステム」の構築を今からしっかり行うことが肝心です。

◆地域包括支援センターの周知
「地域包括ケアシステム」の要となる施設です。
市民が困った状況になった時、相談先として真っ先に頭に浮かぶよう、市民への周知に努め、また、より訪問しやすい環境づくりを要望しました。

 

◆「未来ノート」の活用未来ノート
平成25年4月より販売/ホームページからダウンロードできる「未来ノート」について、もっと広く市民に知って・活用してもらうよう要望しました。
具体的には、高齢の方に活用していただくことを目的としている性質上、それぞれの地元自治会や老人会、地域包括支援センター等、それぞれが通いやすい場所での勉強会を多く開催すること。
また、認知症や突然の病気に備え、せっかく本人が記入した「未来ノート」を、書きっぱなしにはせず、医療・介護機関等で確認できるような仕組みづくりまで検討していただくことも要望しました。

 

 

◆「学校給食センター」の活用給食センター
現在、朝日町の調布基地跡地に大規模な「学校給食センター」を建設予定です。この給食センターで、学校給食だけではなく、高齢者向けの配食サービスにも活用できないか質問しました。

市でも、一人暮らし世帯が多くなってきており、体調の急変や、孤独死などが問題になっています。高齢者の生活支援サービスである「配食サービス」は、単純に食事をデリバリーするだけではなく、食事の残し具合や全く手を付けていない等、異変にいち早く気付くきっかけとなります。行政が他と連携していることで、すぐに別の対応をとることができるのです。ぜひとも、地域の高齢者のために見守り・安否確認も含めた配食サービスを展開していただくよう関係各部署とも連携しながら検討していだくよう、要望しました。

府中市環境まつり2015

2015-06-06

1環境祭り 6月6日は、府中公園で環境まつりが開催されました。

市民団体や企業など、環境をテーマにしたたくさんのブースが出展。

そのうちの一つのブースで葉っぱプリントを体験しました。
布の上に好きな葉っぱを置いてクリアファイルにはさみ、裏からスプーンでこするだけ!すごく簡単なのに、もみじが綺麗に写って感激★

同時に、100のフリーマーケットが出店されていたので、とても賑わっていました。

 


2環境祭り

 

 

午前と午後に一回ずつ、白糸台東部自治会の子どもみこし

子供達と一緒に、「ごみ減量!」「リサイクル!」と掛け声をしながらアピールして歩きました!

関係者の皆様、お疲れ様でした!

 

 

府中市の新しい学校給食センター

2015-06-03
学校給食センター(府中市)

現時点での建物イメージ図です

府中市では、朝日町(警察学校の隣)に、新しい学校給食センターを建設する予定です。市内の全小・中学校(小学校22校、中学校11校)の給食、約22,000食は、こちらで調理することになります。建設工事は来年4月から。給食の提供開始は平成29年度2学期からの予定です。

市では、下記の通り説明会を開催しますので、
ぜひご参加ください。

日時
平成27年6月24日(水曜日)午後6:30~
平成27年6月27日(土曜日)午前10:00~

場所
北庁舎3階会議室

申込み/お問合せ
6月19日(金曜日)まで
教育部学務保健課給食センター整備担当
電話:042-335-4434

Copyright© 2014- 府中市議会議員 増山あすか All Rights Reserved.