2017年 府中市 待機児童解消にむけて

201702%e5%ba%9c%e4%b8%ad%e5%b8%82%e8%ad%b0%e4%bc%9a2月20日から市議会定例会がスタートしました。

本定例会は、2017年度の予算案審議があるので、特に重要な定例会です。

十分な審議をするためには、ただ会議に出席すればいいわけではなく、事前に予算書や施策内容を読み込む必要があり、時間がかかります。

さて、2017年度の保育関連の予算案を見ていての感想は・・・
大分拡充されていると思います。

 

認可保育所の増設

2017年4月の新設園(合計170定員増)

●認可保育所2園
よつば保育園(緑町)、第2キッズランド府中保育園(寿町)

●地域型保育1施設
ねぎし保育園(武蔵台)

2018年4月にむけては、更に3園の新規開設を目指します

 

認証保育所を利用している方への補助金増額

「認証保育所」を利用している方への市の補助は、
月額10,000円→月額20,000~30,000円(所得に応じて)に拡大されます。

所得や預ける時間の長さによっては、「認可保育所」よりも「認証保育所」の方が月額負担が安くなる場合もあり、選ぶ場合の注意が必要ですね。
※詳しくはこちら

 

私立幼稚園での一時預かり・定期利用の制度設計

それぞれ独自の教育方針を持つ「私立幼稚園」
市立幼稚園と違い、バス通園があったり、朝7:00台から、夜17:00、18:00まで延長保育を行っている幼稚園もあります。働くママパパにとって、保育園だけでなく「私立幼稚園」も選択肢の一つとなるよう、一時預かり・定期利用の制度設計も行います。

 

保育コンシェルジュの配置

新しく「保育コンシェルジュ」が保育支援課に配置されます。
各家庭によって、働き方や収入、家族構成はさまざま。
そのご家庭によって、「認可保育所」「認証保育所」「幼稚園」・・・何を選択することが最適か、相談しやすくなると思います。

 

2016年の市議会にて要望した事項が予算案に反映されていて、本当に嬉しい限りです!

 

 

保育士不足解消のために

保育園をつくりたくても、保育士さんが集まらない・・・という場合は多いです。
(特別養護老人ホームも同じ状況ですが・・・)

保育士さんが集まらない理由、聞いてみると色々あります。
・給与が安い ・保護者との対応が大変 ・保育園が駅から遠い 等など

今回はそのうち、月額82,000円までの宿舎借上支援(つまり家賃補助)を新規に盛り込みました。
大幅なアップだと思います。新規予算額 1億418万円。

また、2015年度に創設した「保育士等キャリアアップ補助金
保育士等のキャリアパスの仕組みを導入し、処遇改善に取り組む保育事業者を支援していますが、2017年度予算では、更に729万円増額し8,867万円です。

 

※ 東京都が2017年2月に公表した「保育士等キャリアアップ補助金」による全施設・事業の保育従事者の賃金改善状況は以下の通りです。集計対象施設:1,683 施設

【勤務体系別】

◆常勤職員・・・月額287,321 円(+23,299 円増加)
◆非常勤職員・・・月額176,509円(+11,588 円増加)

【事業主体別】

◆社会福祉法人・・・月額323,919 円(+20,074 円増加)
◆株式会社・・・月額260,833円(+25,203 円増加)
◆その他・・・月額173,188円(+16,298 円増加)

 

今後にむけて

2017年4月入所の1次募集申込者は2,030名でした。
これは「認可保育所」と「地域型保育事業」への申込者数です。この2,030名の中には、「認証保育所」にも同時に申し込んでいる方もいらっしゃいます。
(ちなみに、「保育所に落ちれば勤務先の育児休業延長できるから・・・」と申し込んでいる人もいます。。)

先にも述べましたが、今後は「認証保育所」の補助金が高くなるので、人によっては「認証保育所」を選ぶ方や、バス通園もできる「幼稚園」で延長保育を選ぶ方など、「認可保育所」だけではなく、様々な選択肢を選ぶ方がでてくると思います。

府中市はこれからもマンションが増えて人口が増加しており、社会全体として共働き世帯が増えていることから、もちろん「認可保育所」を増設していく予定ですが、その他の施策もあわせ、子どもを産み育てながらも働きやすい環境を整備していきたいと思います。

 

紹介

府中市議会議員