市庁舎建設特別委員会の行政視察

anan2016年10月、9月の定例議会が終了し、市庁舎建設特別委員会に所属している議員10名および議会事務局職員で、新庁舎を建設した市役所に行政視察に行きました。

徳島県阿南市の新庁舎。
府中市の新庁舎と同様、現在地での建替です。

見て良かった事項
●地元の「木頭杉」を随所に使っており、温かみがある
●各部署表示にその部署で担当している業務が書いてあり、初めて訪れた市民にとってわかりやすい
●窓口カウンターも木材を使用し、広々している
●トイレは洋式で明るい(大事!)
※和式は高齢者にとって立ち上がるのが大変、汚い、和式が空いてても洋式待ちの列ができる等と、よく市民の方からご意見いただいております。ごもっとも!

 

anan2

体験談による参考事項
●高層棟と低層棟で構成されているため2年、2年と工期が長くかかる
●仮の引越しをしなければならず、HPに掲載していても全市民には伝わらず間違って来庁され迷惑かけてしまう
●作業員が確保できず、当初予算より増額し、工期も8ヶ月延びた
●新庁舎の技術担当職員が1人なので細かくチェック仕切れなかった
●壁紙の素材が清掃しにくい

 


阿南市役所の方達の歓迎が暖かく親切で、私達も他市の方たちへのおもてなしはきちんとできているか、我が身を振り返りました。

「あななん」と「ふちゅこま」コラボ、嬉しかったです。

anan4

府中市議会議員