府中市リサイクルプラザの視察

府中市リサイクルプラザの視察に行ってきました。

お馴染みピンクのゴミ袋、プラゴミは一箇所に集められ、袋を破いて風で中身を分別します。
その後、不純物が混ざっているかどうか、最後は手作業で!仕分けされます。
特に困っているのが「お弁当パック」だそうです。
残したご飯が入ったまま捨ててしまうと、そのお弁当パックだけでなく、まわりのゴミにも付着してしまい、大変な作業に・・・

実際に大変な様子を目の当たりにすると「分別しましょう」と言われるよりもインパクトがあります。
お弁当の中身が入ったままゴミ袋に…はダメだ、ということが身にしみます。

最後はプレスされて200キロずつの塊に。

府中市リサイクルプラザ

また、ペットボトルについては、キャップと巻いてある紙もはずしてから捨てましょう!
シルバー人材の方達が一つずつ手作業ではずしています!

府中市議会議員