28年度予算委員会「府中市民のための保養所」

やちほのお風呂府中市民のための保養所「やちほ」
昭和60年に約12億円かけて建設されました。
長野県の八千穂にあります。

昨年、大浴場も綺麗にリニューアルされ、部屋も綺麗なので、一度宿泊された方は満足いただけるのではないかな、と思います。
市民であれば、1泊3,000円~という安さで宿泊できるのは、府中市民にとってメリットだと思います。
しかしながら、「やちほ」は認知度が低い・・・。

これは、もったいないと思います。

28年度予算でも、運営に6,000万円計上しており、市民一人当たりいくらか負担して別荘を持っているようなものです。別荘は、使ってこそ価値がある
なお、運営管理は、4年契約で指定管理者に委託しており、現在は西洋フード・コンパスグループ株式会社に平成29年度まで委託しています。

今後も、メリットを活用する人が少ないという状況が続くのであれば、民間の宿泊施設がネットで気軽に予約できる現状を鑑みると、今後処分も視野に入れて検討すべきです。

予算委員会にて、今後の「やちほ」の活用・あり方について検討を要望しました。

府中市議会議員