3月8日国際女性デーにて

安倍総理と増山あすか

府中市議会議員選挙に向けて!

本日は「国際女性デー」

府中市議会議員選挙に向け、安倍総理から激励のお言葉を頂きました!

安倍政権では「女性が輝く社会」ということを目標の一つに掲げています。
そのことについて、色々と意見はあると思います。
「輝いてなくちゃいけないのか?」
「女性管理職の数値目標なんて・・・」などなど。

しかし、日本の現状では、まだまだ「男女差別」を感じることが多くあります。
そのような状況で「女性」にスポットライトがあたることにより、
様々な議論が沸き起こること自体、良いことだと思います。

みんながその問題について考える、意見を出す、批判する、
これが「現状を変える」第一歩だと思うから。

女性である私が考える、
「女性が輝くために」まず大事なこと(大前提)は、
どんな状況であっても、安心して、迷わず子どもを産み、育てる環境があることだと思います。
・未婚である
・離婚してシングルマザーになった
・仕事が忙しい
・そもそも仕事が無い

せっかく子どもを授かっても、このような状況で子育てをすることは
現状の日本では難しい・・・。

超少子高齢化社会の日本で、子どもは日本の「宝」「日本そのもの」であることを
みんなが認識し、自分の子どもだろうが、他人の子どもだろうが、
「育てる環境にないのに子どもを産むなんて!」・・・そんな批判をせず、
みんなが暖かい目で、みんなで育てていく気持ち・土壌を育むことが大切だと思います。

 

 

府中市議会議員