8つの約束

①安全で生き生きとした
「助け合える街づくり」

●介護離職0を目指し、特別養護老人ホームの新規整備を要望
【実績】若松町に新規特別養護老人ホームが開設(’19)

●孤立化を防ぐため、自治会やシニアクラブの加入促進を要望

②「健康寿命」を伸ばすための制度づくり

●健康寿命の延伸に向けた取り組み状況について質疑

●定年後の第二の人生の「やりがい促進」について質疑(’17)

●高齢ドライバーの問題を取り上げ、免許返納を促すための独自支援策導入を提案

③「子どもの幸福」のための社会環境の促進

●小中学校の備品充実、寄附金活用、ICT教育推進を要望
【実績】小中学校の教科備品の予算が前年度の2倍以上に増額(’17)
【実績】水はけの悪い第十小学校の校庭を改良(’17)
【実績】三小、矢崎小、八中で生徒用タブレットPCを先行導入(’18)全ての小学校で生徒用タブレットPCを導入予定(’19)
【実績】基金を新設、寄附金受け入れが可能に(’18)
【実績】幼稚園に心身障害児を受け入れるための補助金制度導入(’18)
【実績】暑さ対策のため全小中学校に日よけテント設置(’18)
【実績】小学校高学年女子の下着着用問題を取り上げ改善(’18)

④「働く女性」のための制度づくり

●待機児童のため、幼稚園の延長保育と保育ママの活用整備を要望
【実績】保育コンシェルジュ設置、幼稚園延長保育への補助金が決定(’17)

●子ども数の将来予測の間違いについて指摘
【実績】計画変更と更なる保育園整備が決定(’18)

⑤「商工業」の振興「地産地消」の促進

●商工業活性化のため、むさし府中商工会議所との緊密な連携を要望

●学校給食における地場産農作物の使用割合を増やすことを要望

●府中駅前の直売所の活性化を要望

⑥「災害に強い」街づくり

●現実雨量に沿った「ハザードマップ」更新と市民への周知を要望
【実績】「ハザードマップ」が更新され全戸配布へ(’17)

●豪雨災害時の住民避難シュミレーションを要望

●緊急輸送道路沿道の耐震化早朝完了を要望

●避難所となる小中学校の体育館への冷暖房設置を要望
【実績】予算に全小学校への冷暖房設置が組み込まれる(’19)

●4m以下の狭あい道路の拡幅、危険なブロック塀撤去の補助金創設を要望

⑦ 緑豊かな「自然の保護」

●環境保全センターの機能活性化について質疑要望

●街路樹の適正管理と安全な歩道の確保を要望

⑧「ちゅうバス」路線の充実

●増便、最終バスの時間(19時)の延長などについて質疑要望
【実績】朝日町ルート「多磨駅→武蔵野台駅行き」が旧甲州街道沿いを通るルートに変更(’17)